2011年12月27日 星期二

Tsunami津波 hit northeast Japan - Part 3

In memory of the victims of the Tohoku earthquake and in support of the re-construction, a concert featuring Beethoven's Symphony No 9 was conducted on Dec 16, in Ohunato City Cultural Hall. Ohunato, literally the "big shipping wharf", was one of the areas hardest hit by the tsunami.

The concert was organized by Dr Takasaka Tomonori, Professor Emeritus at Tohoku University and President/Vice Chancellor of Tohoku Bunka Gakuyen University, both in Sendai. He also performed as a cellist in the orchestra.

It was an unforgettable experience for members of the Tohoku Univeristy Symphony Orchestra and the University Choir as well as the participating vocalists from Ohunato and Sendai. The symphony was conducted by Shinozaki Yasuo and the soloists were Umemura Noriko (soprano), Takahashi Mami (mezzo-soprano), Kato Hayato (baritone), Igarashi Osamu (tenor 12/16), and Matsuo Hideki (tenor 12/17).

Many in the audience were moved to tears.

The original announcement issued by Tohoku Bunka Gakuyen University is shown below:

復興支援活動 大船渡第九コンサート

本学園では、東日本大震災からの復興と新生への活動として文化芸術を通した取り組みを進めています。そして、12月に大船渡市民文化会館「リアスホール」にて、市教育委員会の後援を得て、第九の合唱コンサートを開催いたします。このコンサートにはロンドン在住の世界的指揮者 篠崎靖男氏がボランティアとして参加し、また東北大学の交響楽団と混声合唱団、大船渡市と仙台市の有志の方々の協力を得て、本学園大学と専門学校の学生たちが、未来につなぐ歌声を届けます。
入場無料です。ぜひ、ご家族ご友人をお誘いあわせ、お気軽にご来場いただきますようご案内申し上げます。

大船渡 第九コンサート

主  催 学校法人 東北文化学園大学
後  援 大船渡市教育委員会

開催日時 12月16日(金) 16:00~
場  所 リアスホール(大船渡市民文化会館)

入場無料

指  揮 篠﨑靖男 東北大学交響楽団
合  唱 東北文化学園混声合唱団 東北大学混声合唱団有志 大船渡市民有志 仙台市民有志
ソリスト 梅村憲子(ソプラノ)高橋真美(メゾソプラノ)加藤隼人(バリトン) 
     五十嵐修(テノール 16日出演)松尾英章(テノール 17日出演)

帰還報告コンサート
開催日時 12月17日(土) 16:00~
場  所 東北文化学園キャンパス

2 則留言:

  1. nice idea, thanks for sharing...

    回覆刪除
  2. Yes, I thought the 3rd movement was ideal for the memorial and the 4th represented reconstruction as a joint community effort.

    回覆刪除